So-net無料ブログ作成
検索選択

逍遥先生、カネ貸してくれ。 [気になる下落合]

 

 1999年(平成10)に、会津八一記念博物館がオープンした。「目白文化村」シリーズClick!でも、なにかと登場回数の多かった会津八一だが、わたしはまだ博物館を観ていなかったので、さっそく出かけてきた。古代中国や日本の焼き物をはじめ、仏像や銅鏡、金石の拓本、はてはアイヌ民族のアツシ(着物)やマキリ(小刀)にいたるまで、「学生たちが東洋美術の本質と経過が理解できるよう」にと、膨大な美術品を蒐集した。その数は、たとえば明器395点、鏡鑑208点、拓本532点などものすごい点数にのぼる。目白文化村の空襲で、かなりの点数が焼けたとみられるので、コレクションの数はもっとあったのだろう。
 会津八一は、坪内逍遥に師事して1906年(明治39)に早大文学部を卒業すると、1910年(明治43)に早稲田中学の英語教師に赴任している。古代中国や日本の美術品を集めはじめたのは、どうやらこのころからだったようだ。早大の東洋美術史の教授になってからも、どんどん蒐集しつづけて、下落合にあった会津の自宅「秋艸堂」(しゅうそうどう)は、博物館級の美術品であふれかえっていた。1955年(昭和30)、会津が74歳のときに、早大内にはすでに「会津八一記念陳列室」が設けられ、蒐集品の一部が展示されている。
 いつも、疑問に思っていたことがある。会津八一は、中学や大学に勤めながら大量の美術品を買い漁っていたわけで、どうして教師の薄給で国宝クラスの美術品が買えるのか?・・・という点だ。調べてみたら、悪いけれどつい笑ってしまった。もう、借金まみれなのだ。いま風にいうと、サラ金や闇金からおカネを借りて、返せなくなると恩師の坪内逍遥や市島春城へ泣きついている。ずいぶん借金取りにも追われたらしく、恩師のもとへ身を隠すようなこともしたようだ。会津先生の衝動買いは、町金融の「ご利用は無計画的に」そのものだった。
 「棒給の一分を割いて身分不相応な買ひ物をし、そのためにつひ過分な借金をし、遂にはこの大学の大先輩の坪内逍遥、市島春城の両先生の人知れぬ援助でやうやく処分したものです」と、陳列室がオープンしたときに記している。とどのつまりは、早大にあった「陳列室」とは、会津八一が借金を肩代わりしてもらった早大当局に差し出した、“借金のカタ”そのものじゃなかったろうか? 書家でもあり歌人でもあった彼は、色紙へ「書画」を描いては友人から揮毫料をせしめて、蒐集(返済?)の足しにしていたそうだ。だが、彼が借金まみれの生活をしてくれたおかげで、わたしたちはとてつもなく貴重な、いまとなってはかけがえのない美術品の実物を、容易に目にすることができる。
 

 会津八一は、自分のことを「傲岸不遜秋艸道人」と称していた。確かに性格は激しく、歳を取ってからはその頑固さにますます磨きがかかったようだ。秋艸堂へ集った人々の間でも、好き嫌いがはっきりと分かれた。だが、その強い性格から、既存のアカデミズムや権威主義を徹底して嫌い、否定しつづけた。東大で冷遇された小泉八雲を、学生の身で早大へ「引き抜き」してきたのも彼だ。そんな「驕慢な私も、あたまを下げたのは坪内先生であった」(『渾齋随筆』より)・・・のだ。頭が上がらないはずだ。坪内逍遥はこんな弟子をもって、さぞや頭を抱えていたにちがいない。

■写真上は会津八一記念博物館の入口(早大)、は戦後、名誉教授時代の会津八一。
■写真下は坪内逍遥夫妻、市島春城、会津八一(左から)の1922年(大正11)に撮られた記念写真。坪内夫妻が、江戸期生まれの人に特有の、「写真を撮られると手が大きくなる」などの迷信からか、手を袖に隠しているのが微笑ましい。は、旧・下落合3丁目の霞坂傍にあった大正末の「秋艸堂」。


読んだ!(3)  コメント(4)  トラックバック(6) 
共通テーマ:アート

読んだ! 3

コメント 4

新潟市近江3-19-5 香田和夫

会津八一の一面を知ることが出来まして感謝。
このページをコピーして頂きたいのですがどのようにさせて頂いたら
よいでしょうか。必要な料金はお支払いいたします。
パソコンを始めたばかりで使用の仕方が分かりません。
現在秋艸堂の模型作成に取り組んでいるものです。
by 新潟市近江3-19-5 香田和夫 (2006-08-30 10:56) 

ChinchikoPapa

香田さん、こんにちは。コメントをありがとうございます。
画面のコピー(印刷)は、印刷されたい文章の文頭でマウスを左クリックしたまま、写真も含めまして印刷を終えたい文末までマウスを移動し、文末でマウスの左クリックの指を離します。この記事で言いますと、「逍遥先生、カネ貸してくれ」というタイトルの「逍」の字の前で、マウスを左クリックしていただき、左クリックしたまま記事の下へと移動し、記事の最下段の写真説明の最後、「・・・にあった大正末の「秋艸堂」。」の「。」のうしろで、マウスの左クリックの指を離します。つまり、これで印刷したい部分(文章と写真の双方)を「選択」したことになります。選択した部分の文字や写真が、緑色に反転していると思います。
次に、ブラウザ画面のいちばん左上にあります「ファイル(F)」を押していただき、縦に表示されるメニューから「印刷(P)」を選んでいただきます。すると、グレーのウィンドウが開かれ、その下半分のあたりに、「ページ範囲」という項目があります。そこには、○の形をしたラジオボタンが並んでまして・・・
 ○すべて(L)
 ○選択した部分(T)  ○現在のページ(U)
 ○ページ指定(G)
・・・という選択項目があります。この中から、「選択した部分」のラジオボタンをマウスでクリックして黒い印をつけます。あとは、下にあります「印刷(P)」ボタンを押していただければ、選択した文章と写真の部分だけがプリンタの用紙へ印刷することができます。
もちろん、この操作をする前には、プリンタの電源を入れて印刷の準備をしておいてください。もし、うまく操作がおできにならないようでしたら、ご一報くださればカラープリントしてお送りいたします。
by ChinchikoPapa (2006-08-30 12:32) 

ChinchikoPapa

香田さん、本日カラー印刷したものをお送りいたしました。
2日(土)には、そちらへ到着すると思われます。ご参照ください。
by ChinchikoPapa (2006-08-31 18:44) 

ChinchikoPapa

どうしてtakagakiさんが撮影されると、なんでもない(と思われる)景色が特別に美しく、物語を秘めているように見えるのでしょう、nice!をありがとうございました。>takagakiさん
by ChinchikoPapa (2009-05-03 20:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。