So-net無料ブログ作成

よみがえった幻の相馬邸「黒門」。 [気になる下落合]

 「黒門」というと、東京の“町場”では下谷広小路を不忍池方向へまっつぐ行った突き当たり、忍川の三橋を超えたところにあった上野寛永寺の「黒門」がまず思い浮かぶ。上野黒門町も有名だ。だが、山手の下落合では真っ先に、別の「黒門」が想起されるのだ。わたしは、旧・相馬邸(現・おとめ山公園とその周辺)の「黒門」の写真を、もうずいぶん以前から探しつづけているのだが、どうしても見つからなかった。探しはじめてから、すでに15年ほどにもなるだろうか?
 ところが、当時から下落合にお住まいの長谷部進之亟氏が写生された、「黒門」の精密で見事なイラストを、ついに手に入れることができた。最近、「おとめ山の自然を守る会」の松尾徳三様から、わたしの手元へいただいたものだ。『落合新聞』の竹田助雄氏の時代から、「幻の黒門」といわれて久しいが、ついにその姿を目にすることができた。
 おとめ山公園とその周辺は、明治期には近衛邸、大正期から戦後すぐにかけては将門相馬順胤・猛胤子爵邸の敷地だった。下総の平将門に由来する相馬家は江戸時代、野馬追いで知られる相馬中村6万石の元・譜代大名家だ。大正初期に、近衛邸敷地の南半分を譲り受けるようなかたちで、下落合の御留山に引っ越してきている。また、順胤の三男である正胤が、西落合に相馬ジャムを起業し、「アマリリスジャム」を販売していたのは有名だ。その広大な屋敷は、周辺に住む住民へ近衛家以上に強烈な印象を残しているが、中でも相馬邸の正門である「黒門」の姿は、強く目に焼きつけられたようだ。
 当時の「黒門」の様子を、竹田助雄の文章から引用してみよう。
  
 相馬邸は、少年の私にはおどろくほど広かった。
 子供の頃、相馬邸へ表門から入ったことがある。秋祭りのときだった。表門は黒門と呼ばれ、これも少年の私にはびっくり仰天するほど巨大だった。四角いまっ黒な門柱は大人のふた抱えもありそうに見えた。柱は後ろの支柱と合わせて四本で、前面の巨大な柱を閂で支えていた。
 金具を嵌めた頑丈な扉、金具の中には、唐金擬宝珠という両扉の高いところの一対は、家紋ではなかったかと思う。高い屋根瓦。威厳を示す殿さまの構えである。門の左右は瓦葺の築地塀が長くつづいていた。
 片袖門であることは後に知った。外様の場合、十万石以上は両袖、以下は片袖を用いる。(『御禁止山-私の落合町山川記-』より)
  

 竹田助雄は「外様」と書いているが、相馬家は外様から譜代格へ、そして1684年(貞享元)には正式に譜代となり、以降幕末まで譜代大名家に名を連ねていた。片袖門だったのは、十万石に満たないせいだったと思われる。(その後、譜代大名の格式ならば5万石以上は両袖門だったはずで、もともと相馬藩の門ではないとの可能性も指摘Click!されている。さらに、片袖を落とした相馬邸上屋敷の表門そのものだった可能性もある)

 この「黒門」は戦後、御留山の敷地が相馬家から太田清蔵(東邦生命)へ移行するとほどなく、九州の福岡県へ移築するために解体されている。太田清蔵という人は、江戸に建てられた大名屋敷の「黒門マニア」らしく、やはり福岡の香椎中学校へ旧・南部藩江戸屋敷の「黒門」を解体し、1943年(昭和18)に移築・寄贈している。相馬邸の「黒門」は、結果的に取り返しのつかない移築となった。九州地方を直撃した台風により、全壊したと伝えられている。頑丈な門が壊れるぐらいの被害とは、いったい「黒門」をどのような環境へ移築したのだろうか?
その後の「黒門」のゆくえは、こちらClick!へ。
 

 竹田助雄氏の文章にもあるが、氷川明神の祭日には「黒門」は開放され、氏子のかつぐ神輿は邸内へと入れた。庭先の卓台には、大人には清酒やつまみ、子供にはサイダーや菓子、フルーツが用意されて、みんなにふるまわれたようだ。新宿歴史博物館が採集した資料(新宿区の民俗)には、相馬家の祭りへの寄付額が少ないのに怒った氏子たちが、「黒門」から樽神輿をかついだまま玄関へ突入して、打ち壊し(ぶちこわし)に近い状況になってしまったエピソードが残されている。

■イラスト上:ありし日の御留山・相馬邸「黒門」。(作画・長谷部進之亟氏)
■写真中:10万石以上の「両袖」門の大名屋敷例。現在の日比谷公園にあった佐賀藩35万石、鍋島家上屋敷の赤門。広重『名所江戸百景』第3景の「山下町日比谷外さくら田」より。(部分)
■写真下は、1936年(昭和11)の相馬邸上空。大きな「黒門」がはっきりと捉えられている。
は戦後、1947年(昭和22)ごろの相馬邸跡地。東邦生命の所有地になっており、すでに「黒門」の姿は見えない。


読んだ!(1)  コメント(8)  トラックバック(9) 

読んだ! 1

コメント 8

hedawhig

寄付額が少ないのに怒った氏子たちが、「黒門」から樽神輿をかついだまま玄関へ突入して、打ち壊し(ぶちこわし)に近い状況になってしまったエピソードが残されている。
・・・・フフフ♪ なにやら、物騒なことも合ったのですね。 私の心境かな~
ゆっくりできる朝に、新聞のように読むのが楽しみです。
by hedawhig (2005-06-14 09:04) 

ChinchikoPapa

戦前は、いまの神輿渡御よりもはるかに激しかったらしく、商店のガラスなどを壊した記録が見えますね。氷川明神の神輿ばかりでなく、個々人が勝手に樽神輿を造ってかついでもよかったようです。店側も壊されたくないから、神輿がくると急いで一升瓶を差し出したとか。このあたり、ちょっと山手の神輿のようではありません。(笑)
相馬邸の玄関先へ突っ込んだ記録は、新宿歴史博物館の資料「祭礼の変化と町会」に出ていました。よほど、寄付をケチったんでしょうかね。(^^;
by ChinchikoPapa (2005-06-14 11:41) 

hedawhig

私も御神輿かついで、区役所に突入したい~♪
山の手というのは何時頃のことからなのでしょうか。 やはり田園で、教養のあるお公家さんは江戸の末期ごろからでしょうか?
雑司が谷の迷路小路は、徳川将軍が、鷹狩り、馬で踏み荒らされた通りに作られたという話を聞きました。その理由も、なかなか名称軍だったことをうかがわせますが。
昔は農民の地域で、風光明媚な武蔵野の森だったのでしょうね。 
by hedawhig (2005-06-14 19:42) 

ChinchikoPapa

そろそろ、出るフレーズだと思ってました。(笑) 神輿をかついでではありませんが、神田では住所表記の変更問題で区長宅が、神田明神の将門復活問題では神社本庁が、それぞれ「突入」されてますね。(^^;
江戸時代から、武家が住んでいた場所が「山手」、庶民が住んでいた場所が「町(丁)」と呼ばれてました。それが、明治の宅地開発で、江戸期からの「山手」=都心が公的な敷地や軍事施設、オフィスなどになるにつれ(旧山手)、明治末から大正にかけて、従来は下屋敷用地や別荘地だったより郊外へと住宅が移るにつれて(新山手)、ドーナッツ状になりました。いま、山手というと、明治期から大正にかけてこのドーナッツ状に拡がった新山手、旧・江戸府の朱引き(境界線)あたりまでを指すようです。ちょうど、山手線の両側に沿った地帯・・・という感じでしょうか。公家(華族)は、幕末まで大江戸には存在しませんでしたから、“新参”府民です。
雑司が谷のお話は、上屋敷(あがりやしき)から鼠山(長崎町-下落合)などにも当てはまるかもしれませんね。
by ChinchikoPapa (2005-06-14 22:31) 

NO NAME

現在も相馬家の子孫はいるのですか?
ご存知ならおしえてください。
by NO NAME (2006-05-11 15:09) 

ChinchikoPapa

戦時中に相馬邸の母屋は解体され(黒門と同様に移築かもしれませんが)、相馬家はよそへ移られています。ただ、神田明神とのかかわりはつづいているようで、以前こちらでもご紹介しましたけれど、代々伝わる妙見像などを寄付されていますね。
http://blog.so-net.ne.jp/chinchiko/2006-01-27
by ChinchikoPapa (2006-05-11 15:34) 

Ice

黒門は福岡県立香椎高校に復元されて建っています。
by Ice (2013-04-14 02:48) 

ChinchikoPapa

Iceさん、コメントをありがとうございます。
残念ながら、福岡県立香椎高校に現存する「黒門」は、復元のレプリカです。1943年(昭和18)3月に、香椎中学校の長沼賢海校長により下落合の御留山から移築された相馬邸の黒門は、1945年(昭和20)秋の台風で壊れましたがしばらくして修復。つづいて、1947年(昭和22)の秋に台風により、今度は半壊しています。このとき、支柱に大きなダメージが加わり、同年の冬に生徒数人がいたずらをして、黒門自体は全壊します。
その後、福岡市教育委員会が残った黒門付属の中間長屋と出番所(袖)を解体して、重要部材のみ同教委が保存して現在に至ります。
●黒門の移築経緯
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2009-06-24
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2009-06-25
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2009-06-26
●保存部材(福岡教育委)
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2009-11-17
●御留山相馬邸
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2008-07-12
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2008-07-13
http://chinchiko.blog.so-net.ne.jp/2008-11-20
あとから相馬様とともに調査した記事類です。ご参照ください。

by ChinchikoPapa (2013-04-14 20:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

トラックバックの受付は締め切りました