So-net無料ブログ作成
検索選択

牡丹の名所は昔から。 [気になる下落合]

 牡丹の名所というと、現在の下落合ではまず薬王院が思い浮かぶが、同院に牡丹が植えられるようになってからまだ40年ほどしかたっていない。それでも、下落合といえば東京都民(市民)がすぐにも牡丹の花を連想するのは、ずいぶん昔からのことだった。
 1908年(明治41)、聖母坂(当時こんな坂名はないのだが)の西側にある第三文化村にほど近い不動谷の一画に、「静観園」と名づけられた牡丹園が開園した。昭和初期の最盛時には700~800本の牡丹が咲き誇っていたそうだから、いまの薬王院よりもはるかに規模が大きい。園内には藤の巨木もあったそうで、牡丹と藤とがいっせいに花開く初夏のころ、つまりちょうどいまごろには「東京第一の誇りを為す」とされ、ずいぶんと大勢の見物客たちで賑わったようだ。
 「静観園」を造ったのは、牛込区市ヶ谷に住んでいた徳川慶勝侯爵。その後、同園を経営して見事な牡丹園に仕上げ、無料で公開していたのは、その子の徳川義恕男爵だった。そう、西坂上の広大な徳川別邸(当時)の敷地を利用して「静観園」は造られ、下落合はおろか東京市内でも指折りの名所となっていた。徳川男爵は侍従宮内省内匠寮御用掛をつとめていたので、ひょっとすると西ノ丸の庭園造成にも才能を発揮したのかもしれない。
 徳川男爵の連れ合いさんである寛子夫人は、津軽伯爵家の出身だそうだが、津軽家の屋敷ものちに下落合へと引っ越してきている。徳川家と同様に、当初は別邸(別荘)だったのかもしれないし、あるいは徳川男爵の息子が津軽家へ養子縁組しているせいだからかもしれない。「目白文化村」シリーズClick!で紹介したギル邸敷地付近、スペイン風の屋敷Click!が残るちょうど裏手あたりだ。1964年(昭和39)には、そこのお嬢さん(江戸期風にいえばお姫様)が結婚する際、下落合では懐かしの提灯行列が見られたというから、津軽家も下落合では比較的親しまれたお屋敷だったのだろう。両家は、いまでも同所に住まわれている。

 「静観園」という名前が面白い。直接的には、心をじっと静寂にして無心に牡丹の美を観賞する・・・というような意味なのだろうが、同園の造られたのが明治期なのを考慮すると、なんとなくうがった見方もしたくなるのだ。「こちとら、もういっさい知らねえもんね。ここは静観、新政府の手並み拝見とくらぁ」みたいな気持ちが、当時の徳川さんに残っていたのかいなかったのか・・・?

■写真は薬王院の牡丹(2005年)、は西坂上の徳川邸「静観園」の牡丹(1932年)。


読んだ!(0)  コメント(3)  トラックバック(7) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

読んだ! 0

コメント 3

NO NAME

静観園ね。多分戦後はもう畑かなにかになっていたのかな。記憶にない。ただ、西坂の上の徳川さんは呼称として覚えている。目白の方にも徳川さんがあって、近衛さん以下、旧華族のなになにさんという呼称がけっこうあったように記憶してますが、特別に子供の興味の範囲内ではなかったので。相馬さんは土地では一般呼称でしたね。薬王院はボタン園の崖の下に大きな池があって、ガキの遊び場だった。ボタン園で有名になろうとは思いもよらなかった。
七曲がりの陸軍大将の西洋館は昭和30年ころまで建っていた。取り壊されてしばらくは原っぱになって子供野球ができた。
by NO NAME (2005-05-11 10:06) 

tetsuo

名前書くの忘れた。西坂の上はたしか畑となっていた。昭和20年代はあちらこちらに畑があった。もとから畑じゃなくて焼け跡の空き地のあったと思う。
でも江戸以来の農家だった地主もいますしね。野鳥の森の前の新目白寄りの方はそうだった。野鳥の森の前は雑木林。あそこに氷川神社の御神輿蔵があって戦災を免れた。毎年、御神輿を出し入れするところを見ている。町会神輿としては東京でも自慢のひとつ。
by tetsuo (2005-05-11 10:14) 

ChinchikoPapa

「静観園」は、戦後すぐの空中写真を見ますと、すっかり畑となってしまっているようですね。庭園らしい面影はありません。七曲坂の大嶌久直陸軍大将の邸宅跡は、偶然、御留山デュープレックスができる前は5~6年にわたって、ずっと原っぱのままでしたので、うちのオスガキどもが落四小時代、中へ入り込んではよく遊んでいました。ほんとは、立入禁止のはずでしたが、ロープ1本では子供は入り込んじゃいますね。(笑) ナツアカネが群れをなして飛んでいたようですね。
氷川明神は、放射7号線のせいで境内が台無しになって残念です。元の境内のままでしたら、いまごろこんもりとした森ができていたはずですね。
by ChinchikoPapa (2005-05-11 10:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。