So-net無料ブログ作成
検索選択

目白文化村を歩く。 [気になる下落合]

 上記の写真は、世田谷や多摩川近くの新興住宅地ではない。大正時代に箱根土地株式会社(現・株式会社コクド)によって下落合3~4丁目(現・中落合2~4丁目および中井の一部)に開発された「目白文化村」という、いまから80年以上も前の住宅街だ。正式名称は目白文化村だが、地元では「落合文化村」と呼ばれることが多い。ほとんど同時期に開発された洗足や田園調布と並んで、東京の代表的な山手分譲住宅地のひとつだ。
 もともとモノクロ写真にあとから人工着色しているので、色合い的には不自然なのだが、それでも街並みの“異様さ”はよく伝わってくる。明治が終わったばかりの当時の人々には、この住宅街はまさに異様な光景として目に焼きつけられた。西洋風の建物といえば、当時は官公庁や華族、大金持ちの屋敷、教会や宣教師館、築地の外国人居留地跡、銀座商店街ぐらいしか目にしたことがなかったはずだ。住宅といえば、日本家屋が当たりまえの時代。それが、東京の緑が多く残る、当時は郊外だった下落合の丘上に突如、いままで目にしたことのない光景が出現したのだ。この“驚き”は、洗足や田園調布、少し遅れて荻窪文化村にも、地元共通の記憶としていまに語りつがれている。
 1922年(大正11)ごろから100~300坪ぐらいの土地に、当時としては「中流の上」ぐらいの官吏やサラリーマン、学者、作家、画家たちが外観は西洋風で、中身は和洋折衷の住宅を続々と建て始めた。東急電鉄(渋沢秀雄)が開発した田園調布がパリの街づくりを模したのに対し、目白文化村の箱根土地(堤康次郎)はロサンゼルス(ビバリーヒルズ)の街並みをめざしたのだという。1922年(大正11)に第一文化村が販売され、翌年の関東大震災があった1923年(大正12)に第二文化村、つづけて第三文化村、第四文化村と、目白文化村は毎年売りに出された。地盤がかたい武蔵野台地上に建設されたので、大震災の影響はほとんど受けていない。
 なぜ、いまだに目白文化村をめぐる資料や書籍が、途切れることなく出つづけているのか? それは、この住宅街が21世紀の今日までつづく街づくりのテンプレート=雛形として、また日本の一般家庭における和洋折衷の住宅建築の規範=テキストとして、いまでも活きつづけているからに他ならない。電気・ガス・上下水道が完備し(特に全家屋水洗トイレは画期的で、洋式トイレが初めて一部の一般住宅へ導入された)、住宅地の中には共同組合、クラブハウス、スポーツ施設、各種文化施設…etc.が建てられた。目白文化村において“実験”されたさまざまな新しい試みは、そのまま今日までディベロッパーのベーシックな教科書となっている。
 現代の都市型新興住宅街の元祖のような「目白文化村」だが、1988~89年に住宅総合研究財団が出した『「目白文化村」に関する総合的研究』が、いちばん新しい調査報告(1986~87年リサーチ)だ。ほとんど同時期に朝日新聞社も取材しているが、それ以降、まとまった調査は一度もなされていない。20年後の21世紀に入って、80年を超えた目白文化村Click!がどのように変わったのか、あるいは変わらなかったのか、散歩がてらに細かく歩いて調べてみたいと思う。また、実際に古くから目白文化村にお住まいの方々にもお話をうかがいつつ、ブログ連載レポートというかたちでご紹介したい。

■写真:箱根土地(株)が印刷した、大正期の「目白文化村」絵はがき。

 


読んだ!(2)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

読んだ! 2

コメント 6

玉井一匡

 期待どおりの目白文化村についてのお話、興味深く読みました。
 いまは壊されてゆく立場にある文化村ですが、かつては文化村がむしろ丘の風景をこわしていったのだということが、よくわかりました。当たり前のことなのに、ぼくは迂闊にも気づきませんでした。「文化村」という気恥ずかしい無粋な名称も、「プリンス」という物欲しげな名称と通じるものがありますね。しかし、若いときにはちょっとアクのつよいくらいのやつが、年を取っていい感じになるということがあるように、洋館もどきも歳をかさねてやっとよくなってきたとおもったら壊されてゆく。
 構造としては同じことが現在も繰り返されて、けれども、もっと風景は悪くなってゆく。
なんとか、その流れを変えたいものです。
 続きを楽しみにしています。
by 玉井一匡 (2004-12-14 12:12) 

ChinchikoPapa

 「文化村」は、当時の流行語の「文化」を冠した最先端の住宅街…というような意味合いで、つかわれたんじゃないかと思います。いまでも、大正期の流行語のついた「文化包丁」や「文化住宅」、「文化ばさみ」、「文化なべ」、「文化刺繍」とか、その痕跡を耳にすることがありますね。ちょうど、いまの「IT」に相当するキーワードが「文化」だったんじゃないでしょうか。
 ただ、フランス風の出窓があって玄関には棕櫚が植わり、応接間は白いソファーカバーがまぶしい洋間で、奥へ行くと畳の和室生活で濡れ縁がある…という、下落合にも残っていますが東京各地に建てられた、いわゆるコンパクトな「文化住宅」と、目白文化村の中に建てられた住宅とは、本質的に異なるように思えます。
 文化村の中の住宅は、外見はすべて洋風のデザインで、中身だけが和洋折衷という、当時としては特殊な造りをしている家が多く、考えてみますとより現代の家造りに近い、先進かつ斬新な発想が活かされていたように思えるんです。
by ChinchikoPapa (2004-12-14 16:56) 

ChinchikoPapa

昔の記事にまで、nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2014-08-25 17:55) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2014-08-25 17:55) 

秋山俊一

1970年代、中落合2丁目に住んでいたものです。

近くに日通事件で立件された池田正之輔代議士(自民党)の屋敷がありました。広い敷地に三角屋根の洋館が印象的でした。

今はマンションになっていますが、当時の写真や屋敷の歴史など紹介していただけると幸です。
by 秋山俊一 (2016-06-04 14:55) 

ChinchikoPapa

秋山俊一さん、コメントをありがとうございます。
池田正之輔というと、1932年(昭和7)まで落合町役場があった敷地の南東側ですね。戦後もしばらく、空き地がつづいていたかと思います。
おっしゃるとおり、池田邸の西側にある落一小学校や北側の第三文化村、南側の霞坂秋艸堂、そして東側の星野通り(八島さんの前通り)とその周辺については、これまで何度も書いてきましたが、池田邸のあった界隈は近代の画家や作家が少なく、あまり取り上げてきてないですね。
先日、1960年代に発行されていた「落合新聞」全50号を手に入れましたので、60年代を中心に戦後の落合地域の姿をご紹介できるのではないかと思っています。
by ChinchikoPapa (2016-06-04 19:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。