So-net無料ブログ作成

過去は未来を照射する。 [気になる下落合]

山手通りの排気塔建設現場/2004年12月)

 山手通り(環6)の地下高速道路の排気塔をめぐる動きが、この秋、最終段階を迎えた。幅7m×長さ27m×高さ45mの排気塔を設け、地下高速からの排ガスを浄化しないまま、中落合・中井とその周辺へ撒き散らす計画が明らかになったとき、地元住民はもちろん反発した。まるで超高層ビルのような排気塔の完成予想図に、わたしも慄然としたひとりだ。45mといえば、初代ゴジラと同じ大きさじゃないか。山手通りの中央とはいえ住宅街のまん中に建つわけで、排ガスの影響はむろん、日照、景観、風害、大震災時の危険性などを考えればノーという声が上がるのは当然のことだ。
 さっそく有志が集まって工事差し止め訴訟を起こしたが、最高裁まで争って敗訴。排気塔は建設されることになった。成長とともに軽くなったとはいえオスガキ(下)が喘息持ちだったせいか、隣りの下落合に住むわたしも他人事ではなかった。風速4.6mの風(季節風など)が吹いた場合、無処理で高濃度の排気ガスが各方角の住宅地へ確実に接地することが、環境総合研究所のシミュレーションで明らかになったからだ。中落合・中井の14町会がそろって、土壌大気浄化(排ガス浄化)システム導入を要請したときも、首都高速道路公団はあっさりと拒否する。いわく、「予算がない、施設面積がない、工事はすでに進行している」…。まさに既成事実の積み重ね、時代に逆行するような思想と姿勢なのだ。土壌大気浄化システムなら、巨大な排気塔の建設さえも不要だというのに…。
 それでも、東京都や新宿区を巻き込んで地道につづけられた運動の成果はあった…といえる。まず、地上の山手通りの車線が、片側3車線の計6車線計画から、現状どおり片側2車線のままとなった。そのかわり、広い歩道を設置し街路樹を植えて並木道にすることが約束された。いまは、住民と公団が話し合って樹木の選定中だ。できるだけ大きく育つ、葉を広げる樹木がいい。
 排気塔の大きさや規模も縮小された。残念ながら45mの高さは変わらないが、巨大な壁のような形状は変更され、幅7m×長さ6.3mの六角形の煙突状×2本となる。公団は風害を防止し、圧迫感をおぼえるような景観を避けるためとしているが、その実際は建ってみないとわからない。排気塔には、低濃度脱硝装置電気集塵機がかろうじて設置される。しかし、これでは猛毒の二酸化窒素(NO2)は除去できても、排ガスに含まれる窒素化合物(NOx)の90%を占める一酸化窒素NOは野放しのままだ。排気塔からNOが大量に吐き出されれば、空気中ですぐにも化合してNO2になるのは目に見えている。
 いまから40年前、下落合から中落合にかけて放射7号線(十三間通り)ができて間もなく、建物の高層化と住環境の悪化を心配した中落合=旧「目白文化村」の人々は、広大な道路が貫通しているにもかかわらず、道の両側を第一種住宅専用地域(容積率100%)のままという、おそらく日本で初めての「景観条例」に近い環境保全施策を実現している。現在でも、中落合の十三間通り沿いは低層住宅のままが多く、下落合側の沿道とは好対照の景観を形成している。いまでこそ田園調布や国立市をはじめ、景観や環境の保全運動は珍しくなくなったが、これは40年も前の出来事だ。この運動を推進した中心の7人は、誰からともなく「七人の侍」と呼ばれたそうだ。

 

(山手通りから中落合3・4丁目を望む。反対の下落合側とは対象的に、低層建築が多く“ビル街”にはなっていない)
 今回の山手通り地下高速道路の排気塔反対運動のヘゲモニーをとったのは、「侍」ならぬ多くの女性たちだった。(山手もついに江戸下町化してきたのか?)  住空間に対する限りない愛着と、住環境に対する住民の誇りや熱く粘り強い想いが、いまの下落合や中落合、中井といったかけがえのない地域を形成しているとすれば、まさに「過去(歴史)は未来を照射する」のが今回の運動であり、これで終わりなのではなく、これからの街作りの大きな糧のひとつとなるのではないかと考えたい。「100年前に起きたことは、100年先にも起きる」、人の生活や営みというのはそういうものだと思う。


読んだ!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

読んだ! 3

コメント 9

トロさんこと池田瀞七

今は排気ガスで問題が発生しているんですね、1940年代は坂の上から省線の發着がよく見えました、東中野駅が丸見えでしたから、貨物電車が何両つなげているか数えたものです。
富士山は見晴坂上からは右のがけが邪魔をして見えませんのでがけを上り、びわを取りがてら見ましたが、左の相馬さんの雑木林越しに房総の鋸山がよく見えましたね。
by トロさんこと池田瀞七 (2005-11-04 09:47) 

ChinchikoPapa

とっても空気が澄んでいたのですね。富士山は、いまでも場所によってはときどき下落合からも見えますが、旧・相馬邸の御留山からは、さすがに房総半島はおろか東京湾はもはや見ることができません。東京湾の花火大会の音や、正月の停泊する船からの一斉汽笛は、いまでもかろうじて聞こえてきます。
山手通りの45m排気塔ですが、そろそろ建設されてしまいますね。大地震のときに近隣が危険なのはもちろんですが、風によっては排ガスの接地域が下落合全体に及びますので、建ってほしくはないのですが・・・。
by ChinchikoPapa (2005-11-04 16:59) 

Marigreen

最高裁で上告を棄却されても、諦めず,闘いつづけると、想いは少しづつ実るものなのですね。私も賢く強い市民、国民でありたい。
by Marigreen (2012-10-21 07:42) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
つい先週、山手通りの地下高速道路排気塔に反対をしつづけた、上記のグループが解散しました。高さはやや低くなったものの、排気塔は完成してしまったわけですが、人もクルマも激減していく2050年(労働人口は30%を超える激減といわれていますが)へ向けて、相変わらず税金を湯水のように投入する道路建設が首都圏でつづいています。
by ChinchikoPapa (2012-10-21 09:55) 

ChinchikoPapa

以前の記事にまで、nice!をありがとうございました。>kurakichiさん
by ChinchikoPapa (2014-05-15 21:22) 

ChinchikoPapa

昔の記事にまで、nice!をありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2014-05-15 21:23) 

ChinchikoPapa

こちらにも、nice!をありがとうございました。>さらまわしさん
by ChinchikoPapa (2014-05-15 21:24) 

sa

この道を通って大学に通っています。何も意識せず、たなんとなく「排気ガスやだなあ」と思っていた自分を恥ずかしく思っています。
本当に読むことができて良かったです。
by sa (2015-09-26 12:17) 

ChinchikoPapa

saさん、コメントをありがとうございます。
地下の高速道と、地上の山手通りの排気ガスが入り混じって、近くの高い丘上を歩いていると、ときどき強い匂いが漂ってきますね。近隣の住宅街が、排ガスを浴びているほか、風が強い日はかなり遠くまで運ばれているのではないかと思います。目に見えないだけに、小さい子どもの喘息などが心配ですね。
by ChinchikoPapa (2015-09-26 18:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました